<< あたらしい歳のはじまりに。 言葉に隠された気持ち >>

見つめる

事故から3日目。
左半身のビリビリ感がどうしても取れないと訴えるので
再度病院へ。

事故に遭って運び込まれた時に診断してくれたのは
何と!外科の先生だったことが判明!!
切れて血が出たとかは一切ありません。
ヒゲゴジラの症状は明らかに整形外科の分類の怪我です。
ので、整形外科を紹介してもらい別の病院へ。
(診断書には何科なんて書いてないですからね。危ない危ない!)

お腹が減ると究極に不機嫌男になるのでまずはお腹を満たして
車で40分程かけて整形外科へ。
ペーパーゴールド免許の私が運転です。
怖がりの為、滅多に運転しませんがこういう時取得しておいて
良かったと思いますね。

最初に掛かった病院での診断書を見せると
「これは・・まぁ、おいときましょうね。」と避けられたそうです(汗
ちゃんとした専門の先生に診てもらい新たに診断書を作って頂けました。
筋断裂の可能性もあるので、明日精密検査を受けに別の病院の
紹介状まで下さいました。出てきた時左半身は湿布だらけでした。
こういった点を見ても専門医じゃないとダメですね。

お互い専門医に掛かれたことで随分安心できました。
明日、精密検査を受けさせます。


    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


我が家のテツ君。
何でもハンターですが、基本は優しい控えめ男です。


ヒゲゴジラの事故以来、本当に良く感じます。
寄りかかったり、膝の中に入りたいのに体の不調を訴えているおとぅちゃん。
ソラは遠慮せずいつも通りですが、テツは一切しません。
でも、決してヒゲゴジラの側からは離れず、ヒッソリ見守ります。


d0057536_0144442.jpg

    ソラは足元にベッタリ。真正面にはクジラが鎮座。




         はい、テツ君はというと~
d0057536_019210.jpg

     「おとぅちゃん・・・・、痛い痛いなんだね・・・。ボク、我慢するよ。」
        ※テレビとステレオの間の小さな隙間からジーッと見つめていました。




       うぅっ(涙)健気だねぇテツ君!!



      ずーーっとこの場所から見守り続けたテツ君。



         我が家自慢の優しく健気な愛息子


               夜はようやくヒゲゴジラにくっついて眠れたようです。
[PR]
by kumatenosofu | 2005-09-11 23:59 | テツ
<< あたらしい歳のはじまりに。 言葉に隠された気持ち >>