カテゴリ:おべんきょう( 3 )

レクチャルーム~ボディランゲージ その2


さ、今日は実演を交えて日常にある場面でのボディランゲージを
ご報告しましょう。


体を使って表現する犬のコトバ=ボディランゲージ
実はこのボディランゲージを勘違いして受け取ると危険な場合が
結構あるんですねぇ。



d0057536_23311542.jpg

    犬とボール遊びをしていて、ポロリと下に落ちちゃった!拾わなきゃ~

          こんな光景はお家の中に良くありますよね?

でも~~

何気なくボールを取ろうとしたら、、、、ガブリッ!ってことが
実は結構あるそうです。

このガブリ!というのは最後のコトバなんですね。
ガブリ!と行動を起こす前に犬は沢山のコトバを体で表現していたのです。




d0057536_232751100.jpg


        目や耳や口元や尻尾がちゃんと表現しているんですね。

         ↑では尻尾が垂れ、口がしまっていますね。
           この中には攻撃をしますよという合図はありません。
      
     でもこれ、尻尾がピーンと立っていたり、口元(パッキン部分)が
      わずかに動いていたりすると、、、、、ガブリッ!!

      犬は目や口や尻尾でキチンと相手に合図を送っています。
       攻撃を示唆する合図を無視した結果噛まれてしまう事故が起こるわけです。


      そうならない為にも、もしも上記のようなサインが出ている場合は
       その対象物は諦めるということも危険回避するためには必要になります。
      でも、もしもその対象物が口にいれては危険なものであると
        危険に身をおかなくてはいけなくなりますね。
      だから、普段からこういった状況を作り出さない配慮も大切なのですね。


        ちなみにソラちんの場合キバではなく、手が出てきます。
         これも取らないで、、、というソラちんの合図なのですね。



  それから、服従の象徴的な腹天
     これにも実はそうではない場合があるそうですよ。
d0057536_2346334.jpg

     飼い主であるトレーナー・そのっち先生にいきなりひっくり返されました。

          この時、注目すべきは尻尾!
           よぉ~く見てみると尻尾が股下に入っていますよね。


       この尻尾が股下に格納されれば服従しているんだそうです。
        四肢に緊張はなく、なすがままの状態でしたよ。

         フラリと近付いてきてゴロンとお腹を見せた。
      あらあら、と撫で撫でしていたら突然噛まれた!
     という飼い主さんもいるそうですが、これは犬が人に指示しただけで
      止めろという合図でガブリと噛まれてしまうようです。


       このいきなりひっくり返すというのは安易にしないようにと仰っていました。

       ちなみに凛ちゃんの場合、激しいパニックを起こします。
        攻撃性はありませんが、攻撃してくる可能性も十分に考えられますね。
      その子の性格をしっかり把握し、行動パターンがある程度分かってから
        ゆっくりやっていくべきことのようです。  


       日頃から色んな格好や色んな場所を触っても大丈夫なように
         スキンシップを取ることも大切なのですね。
       これは、前回学んだ『我慢を覚えさせる』ということに通じるのでは
          ないでしょうか、、、、。


          


   動作一つを見るだけではなく体の色んな場所の状態を見て
    今何を伝えようとするかを判断するということが大切なんですねぇ。

     犬の性格によっても色んな表現方法があります。

 同じマテをしているのであっても、
d0057536_23575178.jpg

           『待つわ。。。。』尻尾が微妙にピクピク

d0057536_2358511.jpg

             『待つのだ。。。。』お耳が微妙に上下
             

d0057536_2358179.jpg

         『がんばって待ちます。。。』ビビリながらも


        こんなに違いがあります。

     容姿によっても判断しやすい・しにくいはあるでしょうが、
       よく見ていると微妙な変化が分かると思います。

    トリマーのさっちんさんの愛犬『マックス君』(写真2枚目)は垂れ耳。
     耳がどう向いているか?少し分かりにくいかもしれませんが、
    良く見ていると耳が少し上に上がったり下がったりしていました。
   トレーナーのそのっちさんの愛犬『つくしちゃん』(写真3枚目)は尻尾が短いです。
  プリプリ尻尾は動きませんが、良く見ているとちゃんとお尻でも表現していました。


     愛犬の普段の状態をしっかり見ていると微妙な変化が分かって
       くるようになるんだと思います。

     愛犬それぞれの表現をしっかり見てあげることが大切なんですね^^



       今回のレクチャーでボディランゲージを適正に汲み取るヒントを

           沢山頂いてきました^^


     ☆しっかり愛犬の行動を観察すること
     ☆行動の中にある合図をしっかり汲み取ること
     ☆合図に対してキチンと対応する術を知ること

           この3つを考えながらまた愛犬と向き合っていこうと思います^^



        次回は愛犬同伴の予定だそうですよ~。

              不安なような、、、楽しみなような、、、、



        今回のレクチャーも非常に充実した濃い内容のものでした!
                  
           こういった機会がもっと増えてほしいものですね^^



       
[PR]
by kumatenosofu | 2007-05-29 23:22 | おべんきょう

レクチャールーム~ボディランゲージ

さ、今日は先日行われたPaw'erのレクチャールーム第2回目
  テーマはボディランゲージ

第一回目では
 愛犬の言葉やメッセージを聞き、
      犬に分かる方法で伝えてあげること

 と学びました。

第二回目は犬の言葉って?ということを学んできましたよ。

犬は人間と同じ言語を持っていません。
ので、体全体で気持ちを表現します。

犬の言葉というのは
       ボディランゲージ(体を使って気持ちを伝える)


このボディランゲージ(犬のコトバ)を的確に理解することが
犬とのコミュニケーションをとるためにはとても大切になってくるのですね。
コミュニケーションをとろうとしたって、ボディランゲージが分からなければ
何を伝えたいのか、今何を考えているのか分かりません。


今回のお話で私がスコンと理解できた一言、、、


     犬を外国人だと思え!

      あくまで例えですが、私にはスコンと理解できました。
      コトバの違う人たちとの交流は犬との交流に似ていると思いませんか?

外国の方と交流をするためには相手の言葉を知り、理解しなくてはいけませんよね。
講師ののらのらさんは昔、イギリスに留学した際、
互いの気持ちを伝えられずとても辛い思いをされたそうです。
日常生活のささいな用事ですら、理解できず伝える術を持っていなければ
通じないもの。


異文化交流の始まりは、まず相手の言葉や文化を知ることですよね。
英語を使っている人と会話をしたければ、英語を勉強するでしょう?
会話ができるようになれば相手のことをもっと知りたくなるかもしれませんね。
もっともっと会話しようと更に勉強したいと思うんじゃないでしょうか?
会話ができるようになれば日常のささいな用事に困ることもなくなりますよね。


異文化を持つ犬にも同じことが言えますよね。
犬の母国語はボディランゲージですから、まず母国語を理解しなくては
先にある交流(コミュニケーション)は生まれないのです。

気持ちをどうにか伝えようと、あれこれ犬は考え実行してくるでしょう。
それが齧る行為だったり、吠える行為だったり、、、
「今気持ちが伝わらなくて困ってるの」という犬のコトバ(ボディランゲージ)
だったとしたら、あなたはどうしますか?
本当に困ったことばかりして悪い子ね!って思いますか?


日常に溢れている色んな行動は、犬が気持ちを表現しているということです。
その表現が一体どんな気持ちの表れなのか?
その気持ちをキチンと理解してあげることが良い関係を築く為の
第一歩なのではないでしょうか?



人と犬はたとえ同じ屋根の下で暮らす家族であっても
異文化同士だということを決して忘れてはいけませんね。
人は人、犬は犬の文化をしっかり踏まえ、互いに歩み寄ることで
コミュニケーションがはかれるようになる。


そろそろアタマの弱いおかぁちゃんのバッテリーが切れてきたようです(笑

次は実際に犬はどうやって気持ちを表現しているの?
というのを画像を交えてご紹介出来ればと思います。



              異文化コミュニケーション


        最初は分からなくてドギマギしちゃうけど、
         少しでも分かると何だかウキウキしちゃうあの感覚


             レクチャー中そんなドギマギとウキウキを

              思い出していたおかぁちゃんなのでした(笑
[PR]
by kumatenosofu | 2007-05-29 00:38 | おべんきょう

我が子見ずして、、、

週末は大雨でしたねぇ、、、。
数年振りに家族全員揃って温泉旅行に行ってきました^^
全員勢ぞろいはたぶん3年振りかな?
家族ってやっぱり良いものですね。


さて、本日はレクチャールームの日でした。
温泉旅行から戻りちょっと二日酔い気味の体に鞭打って
バタバタと準備して出発!!

第2回目のテーマはボディランゲージ
非常に為になる濃い内容でしたよ~^^
まだ内容がしっかりまとまっていないので詳しい事は明日にしましょう。

今回のレクチャーでひしひしと感じたこと、、、。


基本をすっ飛ばしての関係進展はない!ということ


 関係進展の糸口はすぐ目の前にいる我が子が全身から発している。


そのヒントをもらった一日でした。




d0057536_022128.jpg

       『ボデーランゲージって楽しいの?むぎー!!!』



      こんな顔の中にも沢山のコトバが詰まってるのですねぇ(笑



          我が子見ずして我が子は語れず、、、


                
[PR]
by kumatenosofu | 2007-05-27 00:13 | おべんきょう