<   2005年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

未遂犯

   何やら押し入れの方でガサゴソ音がした。


           はっ!!!!!!




      押入れには大切なフードサンプルたちが格納されている!!
    慌てて電気を付けて押入れに向かうと真ん中が少し開いていた。
  
d0057536_0202052.jpg

         『ヤベッ、おかぁちゃんに見つかった!』




d0057536_0203471.jpg

          『入る場所間違えちったー。上なんだよなぁ~』




                テツ君・・・
      
       毎日クジラの残りまでキレイに平らげてるでしょ!!
       時々ソラのも盗み食いしてるでしょ!!

         

          今度やったら、君が取りに行きなさい(怒)
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-30 00:19

勝者

大好きな公園のお散歩へ行って~

 大好きなワンコと飼い主さんにタップリかわいがられて~

   大好きなおかぁちゃんを独り占めして~

     大好きなボール遊びをフラット君と楽しんで~



        残業で帰りの遅かったおとうちゃんのお出迎え



            扉が開く3秒前
    

d0057536_024631.jpg

                 勝者:ソラちん     



     この後、ご飯を一気に食べて(←奇跡!うれじぃぃぃ)

      大好きな豚耳ゲット。



          いい一日だったね、ソラちん♪      
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-29 23:59 | ソラ

スイッチ

ソラは現在8.8kg
 体重で分類すると中型犬の部類ですね。

ソラは小さい頃から同じ名前の柴犬とよく遊びました。
『ガゥガゥ遊び』と私たちは呼んでいます。
今は散歩の時間帯がズレているので滅多に会えませんが、
人間同士は連絡を取り合っています。犬飼い初心者の私たちは
色んな事を教わりました。それはソラも同じです。
気が済むまで遊ばせてくれる貴重な存在です。

『ガゥガゥ遊び』は
傍目から見ればケンカしてるように見えるかもしれませんね。
でもワンコたちにとってはただの「遊び」です。
それはそれは楽しそうに飽きもせずにひたすら遊びました。
転がったり、体当たりしたり、かけっこしたり。
犬っていいなぁと見てるといつも思いました。


この遊びは全犬には通用しません。
飼い主同士が了解していなければ成し得ない遊びなんです。


ソラは突然『スイッチ』が入って遊び出します。
スイッチは冬場の方が入りやすいようです。

夏場、滅多にオンにはならないスイッチが
入ったとしても、了解してくれる飼い主さんが
なかなかいないのが現状です。

特に相手が小型犬だと、難しいかもしれません。


犬って節度を知ってると思うんです。
遊びは遊びできちんと分かってると思うんです。

威嚇の為の「ガゥガゥ」なのか、
遊びに誘っている「ガゥガゥ」なのかは
その子たちの表情や声色で分かりますよね。

相手の子が遊びたそうな顔してるなぁと思っても
飼い主さんがダメならば、遊ばせるわけにはいきません。

我が家は何でもOKです。小さかろうが大きかろうが、
「遊ぼうよ!」と来て、ソラが「うん、遊ぼう!」
となればいくらでも遊ばせます。その時にもしも怪我を
したとしても、それは不可抗力。勲章だと思っています。
遊びから本当のケンカになりそうな時はもちろん制止します。
遊びの中で沢山犬たちが学べることもあると思っています。
どの程度の力を入れたら相手が痛がるか、とかね。
何をしたら嫌なんだ、とか。

ソラも大小様々なワンコとの遊びを通して色んな経験を
したと思います。ニューファントに体当たりされて坂を
ゴロゴロ転がってしまったこともありました。もぅ本当にゴロゴロ~と。
もぅあまりに見事に転がるもんだから大爆笑してしまいました。
ケガなんてしていません。ゴロゴロ転がって止まったら、一瞬不思議そうな
顔をしたもののすぐに遊びに戻りました

『(こんなのに)体当たりされたらひとたまりもないなぁ』


そう言われた事があります。


確かに相手は小さいダックスでした。
でも、ソラはダックスのお友達も沢山います。
怪我をさせたこともありません。いつだってすぐに
制止できる位置にもいます。

きっと悪気があっての言葉ではないでしょう。


でも、ザックリ刺さってしまうものですね。


ソラスイッチが入ったとしても
 それをすぐに制止させなくてはいけないのは
やっぱり寂しいものです。
それが、相手あってのスイッチオンだったとしたら
尚更寂しいものです。


もしもどこかで
この『シマシマファルコン』を見かけたら
気兼ねなく声を掛けて下さいまし。
どうぞ、うちの愛娘と遊ばせてあげて下さいまし。


『ソラスイッチ』がオンになるかどうかは
本犬のみぞ知る・・・ですが。


d0057536_2351980.jpg

        『あたちのお友達のモイ君。時々一緒にかけっこするよ。』
               良いお顔してるでしょ?
   
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-28 23:16

ベスト体型

d0057536_0331281.jpg

           どうです?うちの愛娘、スレンダーでしょう?
              足ながーーーーいでしょう?
           たぶん、私似です。たぶん・・・


        『あら~、大丈夫なの?この子・・・』

          お散歩へ行った時言われました。

      [こんなにガリガリでゴハンもらってるのかしら?]
      が確実に↑の言葉に潜んでいますね。

      ソラは四肢が細く長いので、体重過多は
      非常に負担がかかり危険だと思っています。
      もともと食が細いのもありますが、掛かりつけの先生には
      ベスト体重とお墨付きです。
      ソラにとっては今の体重がベストなんですね。
      ウンチョスも毎日立派で合格です。
    
        時々上のようなことを言われます。
     一緒にいる人間がみずほらしいからなのかも
     しれませんが、自分たちは卵ごはんの日々だとしても
     チビたちのごはんは絶対にケチりません。
  

        細い=栄養失調・ゴハンをもらえてない?


            のようには考えないでほしいものです。


     



          あ、ソラは四肢だけではなく


            首も細くながーいです。



d0057536_0332399.jpg

             『シマシマファルコン』
            


                空は飛べません。
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-27 00:47 | 家族

全貌

   シマシマの毛色は
     刈った後もしっかりシマシマです。

        手触りは抜群にいいです。
d0057536_2153256.jpg

         『珍獣じゃ、ないよ?』

d0057536_2154344.jpg

      この後ろ姿どうでしょう??
         首、長いね~ソラちん。
     (よぉ~~く見てもらうと分かると思いますが、
          かなりデコボコしております。)



         参考までに下の2枚は去年の夏のもの

     『カットするのとっっっても楽しかったです♪』
     と去年のトリマーさんに満面の笑みで言われました。
     全体のバランスを見てくれ、カットの前に色々と相談しました。
     ライオンしっぽもこのトリマーさんが「きっとかわいいから」ってことで
     してくれました。本当にかわいいですね~。ユラユラゆれると
     更にかわいいですね~。
d0057536_216638.jpg

       去年の方がシマシマな感じがします。

d0057536_217095.jpg

         ほら♪後頭部も自然ですねー。かわゆいかわゆい
      


        夜、あちこち触ってチェックしていたら、



         前足のにくきぅにバリカンの通った跡が・・・・



          こんのバカタレがぁぁぁぁ(怒)
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-26 21:42 | ソラ

夏バージョン




    物凄い暑がりなソラ

     今年は暑くなるのが早かったので、

         すでにヘロヘロ状態でした。

  平日の日中は二人とも仕事で留守。
  少しでも暑さを凌げるようにと
    夏の間は毛をカットしてもらいます。



    カットしてもらった途端気温が下がってしまったので、
      今回は服を着た状態を・・。


      全身写真は次回のお楽しみ

 
d0057536_0184343.jpg
    
            『カッチョしてもらったの。』






     一言、言っていいですか?











           あちこちガタガタなんですけど?
              至る所に刈り残しがあるんですけど?






        トリマーのねーちゃん・・・・(怒)




               ナメてませんか?



          


             プロ失格じゃー!!!!



       もともとのかわいさでカバーしましょう



             ね、ソラちん



         
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-25 00:29 | ソラ

それぞれ

d0057536_084195.jpg


     クジラはグラスに入った氷水が大好き。

      グラスの中がカラになっていたり
       自分では届かない位の量しか入っていないと
 
           じーーーーっと気付くまで
            私達を見つめ続けます。


     ちゃんとクジラたち用の水も常に用意してるのに。


         ゆっくり長時間かけて水を飲むクジラ
         水を飲むのがとてもヘタクソなテツ
         豪快に回りに飛ばしながら飲むソラ


     お水を飲む行為だけでも

        3通りの楽しみ方があります。


          贅沢ですね。 
        
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-24 00:08 | クジラ

タンポポ

d0057536_23505565.jpg


残業や用事がない限り、ほぼ毎日行く公園があります。

ここで、ソラはワンコたちの社会勉強を沢山しました。
いろんな種類のいろんなワンコたちと沢山遊びました。

だから、ソラはその公園が大好きです。


テクテクお散歩中、つい探してしまう方がいます。
ソラがまだまだやんちゃでチビだった頃から
とてもとてもかわいがって下さる方がいます。
その方はゴールデンとパピヨンを飼っていらっしゃいます。

両方とも保護犬だったそうです。
ゴールデンは真夏の暑い中電柱に繋がれていたところを
保護され、今の飼い主さんと出会ったそうです。
10歳はいっているであろうゴールデン。
とても臆病で出会った頃は決して触らせてはくれないパピヨン。

今日、久しぶりにお会い出来ました。
最初に気づいてくれたのは怖がりパピヨンちゃんです。
すぐに飼い主さんも気付きゴールデンちゃんも気づいて
タッタカ駆け寄って来てくれました。


出会った頃より少し老化が進んでしまってはいましたが、
昔と変らず体全体で御挨拶をしてくれます。
いつでも満面の笑顔です。

飼い主さんも相変わらずソラを沢山褒めてくれます。
言われるたびに素直に嬉しいと思うのです。

去年までは触れなかったパピヨンちゃんがスッと近寄って来ました。
怖がらないように、なるべく同じ目線になれるように、
そっと手を出してみたら逃げずに手の匂いを嗅いでくれました。

         同じ位の目線で見た時、驚きました。


         表情がとても明るくなっていたのです。
      それはそれは見違える程明るく幸せいっぱいの顔でした。

    体も触らせてくれました。
   ゴールデンちゃんのように体全体を預けることは
   なかったものの、触れる事のできる嬉しさで
   顔がいつも以上にニヤけてしまいました。

          『とっても良いお顔になりましたね』

              そう言うと、嬉しそうに
               
                『そうでしょ~』
             と飼い主さん。

         あれだけ怖がり、いつでも緊張しているのが
            ビシビシ伝わってきた1年前。


      今日はとーーーーーーっても嬉しい出会いの日でした。


          今の飼い主さんに出会えて良かったね。
           今の飼い主さんに沢山沢山愛情もらったんだね。

            そう二人でつぶやきました。


     
            私の大好きなタンポポのような2匹

         これからもずーーーっとタンポポみたいに
           明るい未来があるんだね。

             本当に、本当に良かったね。
              
              また、ここで会おうね。
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-23 23:46

やわらか


d0057536_23391073.jpg




         柔らかい日差しと同じくらい


          柔らかい表情のテツがいた。


       ふたつの柔らかいは
         周りすべてを柔らかくしてくれる。
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-22 23:59 | テツ

時と共に

クジラは3歳まで一人っ子で育ちました。
元々持っている気難しさも重なり、テツが来たときは大荒れでした。
でも、同じ種族、そして小さくまだまだお母さんが恋しい
テツの甘えをいつのまにかしっかり受け止めるようになっていました。

テツが小さい頃のクジラのお腹はいつも
『チュパチュパ』(乳を吸うように毛を吸う)
で、ベトベトになっていました。

しばらくして、仔犬とはいえ自分と同じくらいの大きさのソラがきて
またまたクジラ姫が大荒れになりました。

近付くことはおろか、同じ部屋にいるのも嫌!!
状態が長い期間続きました。

いつもベッドの下に篭城していました。
私たちはいつか必ずソラを受け入れてくれると信じ、
無理に近づけることはせず、自然に任せました。

テツの時よりは遥かに時間がかかりましたが、
今ではごく自然に共生しています。

d0057536_2333520.jpg

    ソラ  『うっ・・・、クゥねぇたんだ・・・どしよ・・・』
    クジラ 『・・・・・・・・・・・・』

 これ以上ソラは近づけません。微妙に毛布が壁の役割をしてくれています。
 ソラの顔がこわばってますね。クジラの目からも『おどき!』光線が・・・。


                    それが
d0057536_23332575.jpg

                  こうなって~

d0057536_23334367.jpg

              今はこんなです。


    今回は間にテツがいますが、テツがいなくても
    近くで寝られるまでになりました。顔をくっつけることも
    隣にならぶことも今は平気です。


         テツは沢山の仲介をしてくれました。

     間に入ってくれたり、おねぇのご機嫌を伺ってくれたり。
     ソラの遊び相手も良くしてくれました。時々ヒートアップして
     テツ坊や自慢のハチワレ頭にモヒカンも出来上がっていたり。
     本当に優しい子です。いたずら大王ですが。


        それぞれの個性を殺すことなく


          互いが互いを認め合って


           一緒に生活をしています。



     誰に教わったわけでもないのに、


      ケモノたちはちゃーんと分かっているんですね。
     
[PR]
by kumatenosofu | 2005-06-21 23:59 | 家族